wiki:2017_08_25_LINE_FUKUOKA_勉強会

入力のBiTCOINの合計 = 出力のBITCOINと手数量

script_pubkey (解除条件)  ---→ script_sig

P2PKH = Pay to Pubkey Hash

maliablittyの問題:  

署名データの格納場所は、署名されない。<----- 問題

ECDSA署名 の正負を入れ替えても検証はパスする問題。

Segwitで問題を解決する。

script_sig を別のブロックに移動(witness)

TXIDは変わらない。===> 未署名のトランザクションを作成できる。

WTXIDの概念:

NODE_WITNESS = ( 1<< 3 )

コインの量も情報として入れれる。

下位互換でも動くようにしているので、古いブロックチェーンも受け取れる。

P2WSH = Pay to Witness Script Hash

Bech32 BCH符号(チェック文字6文字)  

BC ビットコイン形式  BC 1 Q TC テスト形式

マークルート ----> の配下に ブロックが関連づける。  ハッシュ12    ハッシュ36 ブロックウェイト = べ―スサイズ×3+トータルサイズ

ブロックウェイト <= 4MB

オフチェーン決済

未署名+TXID をつかって、 P2P間で、お金のやり取りを行う。

 

オフチェーンスケーリング技術 日本総合研究所 三井住友グループ ハウインターナショナル (福岡)

決済システムを担当してた。 7件/秒 ブロック取り込み最短 10分 手数料 120円

数千件/秒 Segwit・Locktime

A/B --> 払い戻し → 署名後にブロードキャスト

オープニングトランザクション クロージングトランザクション

単方向;ペイメントチャネル 双方向;ペイメントチャネル HTLC+双方向:ペイメントチャネル

A-->A 払い戻し → A+B署名+払い戻し(LockTime???)

双方向:

A ABのマルチシグ  → hashB 

B ABのマルチシグ  → hashA 

最終的に ブロックを交換して、 自分の署名を加えて ブロードキャスと行う。

HTLC

Last modified 19 months ago Last modified on Aug 28, 2017, 12:59:27 PM