Changes between Version 1 and Version 2 of TracTickets


Ignore:
Timestamp:
Sep 2, 2019, 4:56:56 PM (21 months ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracTickets

    v1 v2  
    1 = チケットシステム = #TheTracTicketSystem
     1= The Trac Ticket System
    22[[TracGuideToc]]
    33
    4 Trac のチケットデータベースは、プロジェクトのチケットやバグについての、簡単で効果的なトラッキング機能を提供します。
     4As the central project management element of Trac, tickets can be used for '''project tasks''', '''feature requests''', '''bug reports''' and '''software support issues''', among others.
    55
    6 Trac のプロジェクト管理機能の中枢である、チケットシステムは、 '''プロジェクトのタスク管理''', '''機能追加のリクエスト''', '''バグレポート''', '''ソフトウェアサポートの課題''' などに使用できます。
    7 
    8 このサブシステムは TracWiki のように、ユーザのコントリビュートと参加をできるだけ簡単にするという目標で設計しています。バグの報告や質問、改良の提案、決議に関する議論は簡単であるべきです。
    9 
    10 チケットは、それを解決しなければならない人にすでにアサインされているか、あるいは解決可能な人に再アサインされます。
    11 すべてのチケットは、いつでも、編集したり、注釈をしたり、アサインしたり、優先付けしたり、議論したりできます。
     6As with the TracWiki, this subsystem has been designed to make user contribution and participation as simple as possible. Tickets can be edited, annotated, assigned, prioritized and discussed.
    127
    138[=#edit-permissions]
    14 しかしながら、Trac の設定において 個人が変更できる箇所に制限を加える場合があります。例えばデフォルトの設定では、認証していないユーザ("anonymous" ユーザ)に対して変更やコメントを許可しないことで、明らかなスパム行為を予防しています。ローカル貢献ポリシーを確認してください。通常はフロントページである WikiStart で見つけることが出来ます。また、使用している Trac の管理者にお問い合わせください。
     9The default installation doesn't permit to non-authenticated users ("anonymous" users) to change anything, even to comment on an issue, for obvious spam prevention reasons. Check the local contributing policy, or contact your local Trac administrator.
    1510
    16 == チケット属性 == #TicketFields
     11== Ticket Fields
    1712
    18 チケットは、以下の情報を属性として含んでいます:
    19 
    20  * '''報告者 (Reporter)''' - チケットの作成者
    21  * '''分類 (Type)''' - チケットの本質 (例えば、不具合 (defect), 機能追加 (enhancement request) など) 詳細は [trac:TicketTypes TicketTypes] 参照
    22  * '''コンポーネント (Component)''' - チケットが適用されるモジュールやサブシステム
    23  * '''バージョン (Version)''' - チケットが適用されるプロジェクトのバージョン
    24  * '''キーワード (Keywords)''' - チケットに付与するキーワード。検索や、レポートの生成で使用する
    25  * '''優先度 (Priority)''' - ''trivial'' から ''blocker'' の範囲で示されるチケットの重要度。定義した他の優先度を含めプルダウンで表示
    26  * '''マイルストーン (Milestone)''' -  このチケットを少なくとも、いつまでに解決しなければならないのか。マイルストーンのリストをプルダウンで表示
    27  * '''担当者 (Assigned to/Owner)''' - チケットの扱いに責任を持つ主たる人
    28  * '''関係者 (Cc)''' -チケットに関係がある人または通知メール用の E-mail アドレスのカンマ区切りのリスト。 ''これは責任もいかなるポリシも意味していないことを注記しておく''
    29  * '''解決方法 (Resolution)''' - チケットが解決された際の理由。{{{修正した(fixed)}}}、{{{無効なチケット(invalid)}}}、{{{修正しない(wontfix)}}}、{{{他のチケットと重複(duplicate)}}}、{{{再現しない(worksforme)}}}など
    30  * '''ステータス (Status)''' - チケットの現在の状態。 {{{new}}}, {{{assigned}}}, {{{closed}}}, {{{reopened}}} のいずれか
    31  * '''概要 (Summary)''' - 問題点や、チケットについての簡単な説明。タイトル。WikiFormatting の適用されない単純なテキスト
    32  * '''説明 (Description)''' - チケットの内容。 特定された状況について、詳しく記述され、的を絞った良い説明文を書いてください。 WikiFormatting が適用されます
     13A ticket contains the following information:
     14 
     15 * '''Summary''' — Simple text without WikiFormatting.
     16 * '''Description''' — The body of the ticket. Accepts WikiFormatting.
     17 * '''Reporter''' — The author of the ticket.
     18 * '''Type''' — The default types are `defect`, `enhancement` and `task`.
     19 * '''Component''' — The project module or subsystem that this ticket concerns.
     20 * '''Version''' — Version of the project that this ticket pertains to.
     21 * '''Keywords''' — Useful for searching and report generation.
     22 * '''Priority''' — The default priorities are `trivial`, `minor`, `major`, `critical` and `blocker`. A dropdown list when multiple priorities are defined.
     23 * '''Severity''' — Similar to Priority, but the distinction may be useful for some projects. No severities are defined by default, therefore the field will be hidden from the ticket form.
     24 * '''Milestone''' — Milestone in which the ticket will be resolved. A dropdown list.
     25 * '''Assigned to/Owner''' — Principal person responsible for handling the issue.
     26 * '''Cc''' — A comma-separated list of other users or email addresses to notify when changes are made to a ticket.
     27 * '''Resolution''' — Reason why a ticket was closed. Default values are `fixed`, `invalid`, `wontfix`, `duplicate`, `worksforme`.
     28 * '''Status''' — The statuses are defined in the [TracWorkflow#BasicTicketWorkflowCustomization ticket workflow]. For the default workflow the statuses are `new`, `assigned`, `accepted`, `closed` and `reopened`.
    3329
    3430'''Notes:'''
    35  - バージョン 0.9 以前の Trac では ''分類 (Type)'' 属性がありませんでしたが、代わりに ''重要度 (Severity)'' 属性が提供されており、 ''優先度 (Priority)'' 属性のデフォルトの値も異なっていました。この変更を行ったのは、やや不鮮明な ''優先度 (Priority)'' と ''重要度 (Severity)'' の区別を排除し、チケットモデルを簡素化するためです。しかしながら以前のチケットモデルも利用可能です: 単に ''優先度 (Priority)'' と ''重要度 (Severity)'' のデフォルトの値を追加/変更し、必要なら ''分類 (Type)'' 属性の全ての値を削除してください。これらは [wiki:TracAdmin trac-admin] コマンドで出来ます
     31 - The type, [trac:TicketComponent component], [TracRoadmap milestone], version, priority, severity fields and resolution can be managed using [TracAdmin trac-admin] or !WebAdmin.
    3632
    37  - [trac:TicketTypes 分類 (type)], [trac:TicketComponent コンポーネント (component)], バージョン (version), 優先度 (priority), 重要度 (severity) の各フィールドは [wiki:TracAdmin trac-admin] か [trac:WebAdmin WebAdmin プラグイン] を用いて管理することができます
     33== Changing and Commenting Tickets
    3834
    39  - ''優先度 (Priority)'' のデフォルト値についての説明は [trac:TicketTypes#Whyistheseverityfieldgone TicketTypes] に書かれています
     35With appropriate permissions, tickets can be commented and ticket properties changed. When viewing a ticket, the history of changes will appear below the ticket properties box.
    4036
    41 == チケットの更新や注釈 == #ChangingandCommentingTickets
     37By default an authenticated user can edit their own ticket comments. Users with `TICKET_EDIT_COMMENT` can edit any comment.
    4238
    43 すでに [#edit-permissions 上記] で説明しているように、適切な権限を持っていれば、Trac にチケットを登録し、いつでも '''注釈''' を編集することができます。
     39Comment editing is meant for making small corrections to comments, like fixing formatting or spelling errors. For major edits, you should be adding a new comment instead. Editing a comment will not produce a new entry on [/timeline], while entering a new comment or other changes will do.
    4440
    45 その際、変更やチケットへのコメントのような注釈は、チケットそのものの一部として記録されます。チケットの閲覧画面では、更新履歴がメイン表示領域の下部に表示されます。
     41All edits (field changes, new comments, comment edits) update the "last changed" time of the ticket.
    4642
    47 コメントの編集機能 (0.12 以降から) は フォーマットの調整や誤字脱字の修正のような小さな訂正を行うために使用するものであって、大幅な編集を行うものではありません。編集が長くなるような場合は、代わりとなるコメントを新しく追加するべきです。コメントを編集した場合、新しくコメントを記入した際や何か変更を行ったときのように [/timeline] に通知されることはありません。
     43'''Note:'''
     44 - TracLinks and WikiFormatting can be used in the ticket description and comments. Use TracLinks to refer to other issues, changesets and files.
    4845
    49 すべての編集(フィールドの変更、コメントの追加、コメントの編集)において、チケットの "最終更新" 時間が更新されます。
     46 - See TracNotification for how to configure email notifications on ticket changes.
    5047
     48 - See TracWorkflow for information about the state transitions (ticket lifecycle), and customization of the workflow.
     49
     50== Hiding Fields
     51
     52Many of the default ticket fields can be hidden from the ticket web interface by removing all the possible values through the !WebAdmin or using [TracAdmin trac-admin]. This only applies to drop-down lists: ''type'', ''priority'', ''severity'', ''component'', ''version'' and ''milestone''.
     53
     54== Adding Custom Fields
     55
     56Trac lets you add custom ticket fields. See TracTicketsCustomFields for more information.
     57
     58== Default Values for Drop-Down Fields
     59
     60The option selected by default for the various drop-down fields can be set in [TracIni trac.ini]. Refer to the values prefixed with `default_` in the [[TracIni#ticket-section|"[ticket]"]] section. The default value of several fields can also be set through the !WebAdmin.
     61
     62If any of these options are omitted, the default value will either be the first in the list, or an empty value when allowed. The [[TracIni#ticket-allowed_empty_fields-option|allowed_empty_fields]] option determines which fields may have an empty value.
     63
     64== Assign-to as Drop-Down List
     65
     66If the list of possible ticket owners is finite, you can change the ''assign-to'' ticket field from a text input to a drop-down list. This is done by setting the `restrict_owner` option of the `[ticket]` section in [TracIni trac.ini] to `true`. In that case, Trac will populate the list with all users who **have an authenticated session** and possess the `TICKET_MODIFY` [TracPermissions permissions].
     67
     68An authenticated session will be created the first time a user authenticates with the project. You can manually add an authenticated session using the ["TracAdmin#?session add" trac-admin] `session add` command. The `:1` suffix on the session id (i.e. username) is the key to creating an authenticated session:
     69{{{#!sh
     70trac-admin /path/to/projenv session add <sid>:1 [name] [email]
     71}}}
     72
     73You may find the dropdown list is //overpopulated// with users that are no longer active in the project. Revoking authentication privileges will not remove the session data that is used to populate the dropdown list. The [TracAdmin trac-admin] command can be used to list and remove sessions:
     74
     75 - List all sessions:
     76{{{#!sh
     77trac-admin /path/to/projenv session list
     78}}}
     79 - Remove a session:
     80{{{#!sh
     81trac-admin /path/to/projenv session delete SID
     82}}}
     83
     84Alternatively, you can just revoke `TICKET_MODIFY` from users that you don't want to be included in the list. However, that will not be possible if you've granted `TICKET_MODIFY` to all //anonymous// or //authenticated// users.
    5185
    5286'''Notes:'''
    53  - 重要な特性として、チケットの説明やコメントでは TracLinks と WikiFormatting が使用できます。 TracLinks を用いて、他の課題やチェンジセット、ファイルを関連付けて、より明確で簡単に理解できるようにチケットを作成してください
     87 - If you need more flexibility, you can subclass `ConfigurableTicketWokflow` and override the `get_allowed_owners` method.
     88 
     89 - Activating this option may cause some performance degradation. Read more about this in the [trac:TracPerformance#Configuration Trac performance] page.
    5490
    55  - チケットの変更を E メールで通知する設定方法に関しては TracNotification をご覧ください
     91== Preset Values for New Tickets
    5692
    57  - チケットの状態遷移(ライフサイクル)とワークフローのカスタマイズ方法に関する情報は、 TracWorkflow をご覧ください
     93To create a link to the new-ticket form filled with preset values, you need to call the `/newticket?` URL with `variable=value` separated by `&`. Possible variables are:
    5894
    59 == ドロップダウン形式の属性のデフォルト値 == #DefaultValuesforDrop-DownFields
     95 * '''type''' — The type droplist.
     96 * '''reporter''' — Name or email of the reporter.
     97 * '''summary''' — Summary line for the ticket.
     98 * '''description''' — Long description of the ticket.
     99 * '''component''' — The component dropdown list.
     100 * '''version''' — The version dropdown list.
     101 * '''severity''' — The severity dropdown list.
     102 * '''keywords''' — The keywords or tags.
     103 * '''priority''' — The priority dropdown list.
     104 * '''milestone''' — The milestone dropdown list.
     105 * '''owner''' — The person responsible for the ticket.
     106 * '''cc''' — The list of emails for notifying about the ticket change.
    60107
    61 ドロップダウン形式のチケット属性では、デフォルトで選択される値を [wiki:TracIni trac.ini] の `[ticket]` セクションで指定できます:
     108Example: `[/newticket?summary=Compile%20Error&version=1.0&component=gui]`
    62109
    63  * `default_component`: デフォルトで選択されているコンポーネント名
    64  * `default_milestone`: デフォルトのマイルストーン
    65  * `default_priority`: デフォルトの優先度
    66  * `default_severity`: デフォルトの重要度
    67  * `default_type`: デフォルトのチケットの分類
    68  * `default_version`: デフォルトのバージョン
    69  * `default_owner`: デフォルトの担当者。 もし "< default >" (デフォルトの値)と設定された場合、コンポーネントの担当者が使用されます
     110== Deleting Tickets #deleter
    70111
    71 これらのオプションが設定されていない場合、デフォルト値はリストの 1 番目の項目になるか、空の値が使用されます。これは、問題となるフィールドが必須項目かどうかで異なります。これらのオプションのいくつかは、 [trac:WebAdmin WebAdmin] プラグインの "チケットシステム" セクションを通じて選択できます (その他のものは、 "trac.ini" の [wiki:TracIni#ticket-section|"[ticket]"] セクションで設定できます) 。
     112Ticket delete and ticket change delete functions are enabled through an optional component. To enable the functionality edit the [TracIni#components-section "[components]"] section of TracIni:
     113{{{#!ini
     114[components]
     115tracopt.ticket.deleter.* = enabled
     116}}}
    72117
     118The //Delete// buttons appears next to the //Reply// buttons in the ticket description and ticket change areas. `TICKET_ADMIN` permission is required for deleting tickets and ticket changes.
    73119
    74 == 属性を非表示にする、またはカスタム属性を追加する == #HidingFieldsandAddingCustomFields
     120Tickets and ticket changes can also be deleted using the TracAdmin `ticket remove` and `ticket remove_comment` commands.
    75121
    76 デフォルトで用意されているチケット属性の多くは、 [wiki:TracAdmin trac-admin] で全ての値を削除すると、チケットの Web インタフェース上で非表示にすることが出来ます。これが出来るのは ''分類 (Type)'', ''優先度 (Priority)'', ''重要度 (Severity)'', ''コンポーネント (Component)'', ''バージョン (Version)'', ''マイルストーン (Milestone)'' などドロップダウン形式のチケット属性だけです。
     122== Cloning Tickets #cloner
    77123
    78 Trac は新しいチケット属性を追加することが出来ます。詳しくは TracTicketsCustomFields を参照してください。
     124The ticket clone function is enabled through an optional component. To enable the functionality edit the [TracIni#components-section "[components]"] section of TracIni:
     125{{{#!ini
     126[components]
     127tracopt.ticket.clone.* = enabled
     128}}}
    79129
    80 
    81 == 担当者をドロップダウンリストにする == #Assign-toasDrop-DownList
    82 
    83 チケットの担当者になりうる人数が限られている場合、 "担当者 (Assigned-To)" 属性をテキスト入力からドロップダウンリストに変更することが出来ます。 [wiki:TracIni trac.ini] で `[ticket]` セクションの `restrict_owner` オプションを "true" に設定してください。この場合 Trac は、プロジェクトにアクセスした全てのユーザのリストを使用し、ドロップダウンリストに表示します。
    84 
    85 ドロップダウンリストに表示されるために、ユーザはプロジェクトに登録する必要があります。 ''例として'' ユーザのセッション情報がデータベースの中に存在すべきことがあげられます。セッション情報はユーザがそのプロジェクトで最初にデータベースを更新したときに自動的に生成されます。例えば、 ''ユーザ設定'' のページでユーザの詳細情報を編集したときや、認証ユーザがログインしたときなどです。また、ユーザは `TICKET_MODIFY` [TracPermissions パーミッション] が必要です。
    86 
    87 '''Notes:'''
    88  - [http://pacopablo.com/wiki/pacopablo/blog/set-assign-to-drop-down ドロップダウンリストにアサインを載せる] に、データベースのレベルで、ユーザのエントリを追加する方法が記載されています
    89 
    90  - 柔軟性が必要で、自分自身でコーディングをすることをいとわないならば、 [http://trac-hacks.org/wiki/FlexibleAssignToPlugin FlexibleAssignTo] を参照してみてください (ネタばれ: 私が作者です)
    91 
    92  - このオプションを有効にするとパフォーマンスが低下する原因となるかもしれません。 [trac:TracPerformance#Configuration Trac の性能] にさらに詳しい情報があります
    93 
    94 == 新規チケット登録時に、 URL で値を設定する == #PresetValuesforNewTickets
    95 
    96 値が設定されたチケット登録フォームへのリンクを作成するには、 `/newticket?` に続いて、 `パラメータ=値` を `&` でつないだ形式の URL を呼び出します。
    97 
    98 値を設定できるパラメータ:
    99 
    100  * '''type''' — ドロップダウンリストのタイプ
    101  * '''reporter''' — 報告者の名前
    102  * '''summary''' — チケットの概要
    103  * '''description''' — チケットの完全な説明
    104  * '''component''' — コンポーネント
    105  * '''version''' — バージョン
    106  * '''severity''' — 重要度
    107  * '''keywords''' — キーワード
    108  * '''priority''' — 優先度
    109  * '''milestone''' — マイルストーン
    110  * '''owner''' — チケットを解決できそうな人
    111  * '''cc''' — チケットが更新されたときに email で通知する人のリスト
    112 
    113 例: ''`[/newticket?summary=Compile%20Error&version=1.0&component=gui]`''[[BR]]
     130The //Clone// buttons appears next to the //Reply// buttons in the ticket description and ticket change areas. The ticket summary, description and properties are cloned, with minor modifications such as changing the ticket reporter to the currently authenticated user.
    114131
    115132----
    116 See also:  TracGuide, TracWiki, TracTicketsCustomFields, TracNotification, TracReports, TracQuery
     133See also: TracTicketsCustomFields, TracNotification, TracReports, TracQuery, TracRepositoryAdmin#CommitTicketUpdater