Changes between Version 1 and Version 2 of TracBackup


Ignore:
Timestamp:
Sep 2, 2019, 4:56:56 PM (21 months ago)
Author:
trac
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TracBackup

    v1 v2  
    1 = バックアップ = #TracBackup
     1= Trac Backup
     2
    23[[TracGuideToc]]
    34
    4 Trac はバックエンドにデータベースを使用しているため、安全に [wiki:TracEnvironment プロジェクトの Environment] のバックアップを作成するためには、何らかの配慮が必要になります。 [wiki:TracAdmin trac-admin] に用意されている `hotcopy` コマンドを使用するとバックアップの作成を簡単に行なう事ができます。
     5Trac backups are a copied snapshot of the entire [TracEnvironment project environment] directory, including the database. Backups can be created using the `hotcopy` command of [TracAdmin trac-admin].
    56
    6   ''Note: Trac では、 Trac と Subversion 両方を管理するときに分かりやすいよう、 [http://subversion.tigris.org/ Subversion] にあわせて、 `hotcopy` という用語にしました。''
     7'''Note''': Trac uses the `hotcopy` nomenclature to match that of [http://subversion.tigris.org/ Subversion], to make it easier to remember when managing both Trac and Subversion servers.
    78
    8 == バックアップの作成 == #CreatingaBackup
     9== Creating a Backup
    910
    10 稼働中の TracEnvironment をバックアップするためには、以下のコマンドを実行してください:
    11 {{{
    12 
    13   $ trac-admin /path/to/projenv hotcopy /path/to/backupdir
    14 
     11Create a backup of a live TracEnvironment by running:
     12{{{#!sh
     13$ trac-admin /path/to/projenv hotcopy /path/to/backupdir
    1514}}}
    1615
    17 [wiki:TracAdmin trac-admin] はバックアップを行っている間、データベースをロックします。''
     16The database will be locked while hotcopy is running.
    1817
    19 バックアップされたディレクトリは、 `tar` や `dump`/`restore` のような通常のファイルベースのバックアップツールで、安全に取り扱うことができます。
     18The resulting backup directory is safe to handle using standard file-based backup tools like `tar` or `dump`/`restore`.
    2019
    21 Note: hotcopy コマンドはバックアップ先ディレクトリが存在していた場合、上書きを行うことが出来ないため、次のエラーで失敗します: `Command failed: [Errno 17] File exists:` この問題は [trac:#3198 本家チケット 3198] で議論されています。(訳注: 上書きを行わない動作のまま変更されない方向で議論が進んでいます。同チケットで運用回避の手順が示されています)
     20Please note, the `hotcopy` command will not overwrite a target directory. When the target exists the operation will end with an error: `Command failed: [Errno 17] File exists:` This is discussed in [trac:#3198 #3198].
    2221
    23 === バックアップからの復元 === #RestoringaBackup
     22== Restoring a Backup
    2423
    25 バックアップは、 SQLite データベースを含む [wiki:TracEnvironment プロジェクトの Environment] ディレクトリ配下の全体のスナップショットです。
     24To restore an environment from a backup, stop the process running Trac, ie the web server or [TracStandalone tracd], restore the contents of your backup to your [TracEnvironment project environment] directory and restart the process.
    2625
    27 Environment をバックアップから復元する場合、 Trac を起動しているプロセス (Web サーバ、または [wiki:TracStandalone tracd]) を停止してから、コンテンツをバックアップ (path/to/backupdir) から [wiki:TracEnvironment プロジェクトの Environment] ディレクトリに書き戻して、サービスを再起動します。
     26If you are using a database other than SQLite, you'll need to restore the database from the dump file. The dump file is saved in the environment `db` directory.
     27
     28To restore a PostgreSQL database backup, use the command:
     29{{{#!sh
     30$ psql -U <user> -d <database> -f /path/to/postgresql.dump
     31}}}
     32
     33The `<database>` option is the same as the [TracEnvironment#DatabaseConnectionStrings database connection string] in the [TracIni#trac-database-option "[trac] database"] option of the project's `trac.ini` file.
     34
     35Similarly, for MySQL:
     36
     37{{{#!sh
     38$ mysql -u <user> -p <database> < /path/to/mysql.dump
     39}}}
    2840
    2941----
    30 See also: TracAdmin, TracEnvironment, TracGuide, [trac:TracMigrate TracMigrate]
     42See also: TracAdmin, TracEnvironment, [trac:TracMigrate TracMigrate]